スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
vol.76-GWもソフト日和。
ねずみーらんどの日記を書いていたら
後続がいつまでたっても更新されないので
スキップしちゃいました!

【5月2~3日】

GW…だというのにソフトボールバカは練習しました(笑)
それでもやっぱり人数は5人とか6人とか少なくて
マシンを中心とした打ち分けの練習などなど。
でもでも?人数が少ないというのも
自分の番がすぐにまわってきたりするので
意外と集中できて短い時間ながらいい練習だったかなと

練習の後は千葉クラブの試合を天台に観戦しにいきました。
わけさん曰く、今年の千葉クラブは一味違うと
県大会に向けて勉強はもちろんテンションをあげていくためにも
練習時間を少し早めてみんなで観戦することにしたんです

試合が始まっちゃうかも!?
・・・とあわてて天台に向かい無事に到着。
いやぁ…長かった、前の試合。めっちゃ待たされました
でも選手たちはもっと大変だったんじゃないかと思います、はい。

ところで?試合会場にはこんな素敵なゲストが

rin090503    rin090503-2

また会えたねりんちゃん

やまちゃんはさすが小児科の看護師です
自分やちばが抱くとないちゃうけど
やまちゃんのことはすぐに気に入った様子でした

それから…これは記録に残してあげないと。
最近一人暮らしを始めたちばが自分でお弁当をつくってきました

chiba-obenntou


・・・それだけ。


さてさて試合の方はというと?

wake090503-1   wake090503-2

おめでとうございます
大学生相手に圧倒的な強さを見せてくれましたが
実はこの大会、千葉クラブは初優勝だそうです

それぞれ学んだこと、感じたことは違うと思いますが
とりあえず自分の感想を少し。

・審判への心遣い
 :相性が悪くても文句言わず味方に
・ベンチからの声の違い
 :ベンチにいる人は決して控えではなく一緒に戦っている。
  交代するぞ!とか出たい!という言葉が多かった。
  いい意味で先発組を刺激??そしてアピール
・先頭打者初回ファーストストライクをホームラン
 :普通は1番バッターはボールをみんなに見せるためにも
  結構待っていくのがセオリーだけど
  初球からフルスイングでホームランを打たれたら
  試合の流れは一気に傾く
・自分の守備範囲と仲間の能力のバランス把握
 :自分がとれるボールでも仲間に任せるという判断。
・ヒットやエラーが続く中でのバントの有効性
 :ホームラン、ヒットが続く中でのセーフティバントは相手にダメージが強い!


こんなかんじですかね。


そして何よりも思ったこと。
自分は努力が足りないなぁということ。
心からうまくなりたいと思って毎週練習するけど
やっぱり1週間に1回の練習じゃぁ少しずつ進歩はあっても牛歩でしかない。
その一歩一歩は大切だけど、常に前に一歩を踏み出すためには
やっぱり体で覚えるまで反復練習を繰り返して
体得=自分のものにするしかないんだろうと思う。

心を入れ替えて、頑張ろうと思いました。
千葉クラブのみなさん、おつかれさまです
それから、ありがとうございました
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございました!
試合を観に来て下さった皆さん、ありがとうございましたm(__)m
千葉クラブのみんなは楽しそうだったでしょう?
やるからには勝ちたいと強く思い、みんなそれぞれ努力してるんです。
仕事から帰って走ってみたり…素振りをしてみたり…
ケガをしている人はケアをしたり
本番に最高の笑顔で最高のパフォーマンスが出来るように
本当にみんなの意識が高いと感じるし、私ものんびりしてられないなと思います

千葉クラブは先日のクラブの関東予選も勝ち上がり、全国行きを決めました
次はGAPの番ですよ
みんなも最高の試合を見せて下さい
2009/05/20(水) 11:02:15 | URL | わけ♪ #JkPZIk6.[ 編集]
おつかれさまです。
自分の体のことは自分で管理!
生かすも殺すも自分次第…
歳を重ねるごとにそう、実感します。
今若い人もこれからのために今から頑張ってほしいですねぇ。
自分も毎日ではないですが、バットを振るようになりました。
それからナイテイ筋を意識(笑)
2009/05/20(水) 11:54:53 | URL | まめ。 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。